2008年05月26日

予防接種注射

狂犬病の予防接種に行ってきました。
先月全身麻酔を受けたばかりなので心配していたのですがかかりつけの獣医さん、
日大の担当医の先生、お2人から「大丈夫」と言われたので接種する事に。
仔犬の頃は診察台に乗せただけで大騒ぎで、とっくに注射が終わっていても叫び続けていたハチが今では注射をしてもジッとしていてくれる。
かかりつけの獣医さんも「本当にハチくんは大人になったな〜」って。
ハイ(^-^")/、大暴れなハチを見てきた先生には今の状況が信じられないかもしれません。
でも大人しく予防接種が終わり、採血をしてフィラリアの検査。
10分待つと検査結果が。陰性だったので大丈夫。
今年もお薬が投与出来るそうです。
それとフロントラインプラスも出してもらって。
定期的に先生にハチの様子を診てもらいたいのでフィラリアの薬もフロントラインも2か月分だけお願いしました。
去年は毎月体重も測ってほしいのと足の具合を診てほしくって毎月行ってきました。
今年は体重はプールで測ってもらっているので2ヶ月に1回診察してもらうようにしようと思っています。

今年の犬シールは赤でした。
P1030897.JPG

それと予防接種とは全然関係ないですが、また大好きなスティッチグッズが増えました。
たぶんハチのおもちゃ入れになる事でしょう犬(笑)
P1030895.JPG

ニックネーム みけねこ at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

やったねGood

昨日(5/8)は3週間ぶりの再診の日でした。
いつものように呼ばれて診察室へ。
最近のハチの様子や私が気になる事などを報告、研修医の方から何点か質問などがあり、
ハチを預けて私は待合室へ。
レントゲンを撮り、担当の先生の触診や歩行診断などがあり、再度診察室に呼ばれます。
診察室に入ると担当の先生の第一声は「いいですね○○さん、凄いですよ!」とニコニコ顔顔(イヒヒ)
レントゲンもみせてもらったのですがしっかり真っ直ぐ膝に骨が収まっています。
歩行も問題ないですし、触診で膝の曲げ伸ばしをしたり、少しだけひねってみたりしたそうですが、痛がる事も無く、足の運びもスムーズなのでお褒めの言葉を頂いちゃいました。
散歩は少しずつ距離を増やしつつ、前のペースに戻して良いそうです。
イキナリはいけないのでジョジョにです(笑)
リハビリを兼ねたプールも続けて下さいとの事でした。
本当は週2くらいがいい感じらしいのですが、普段の日は仕事があるし、プール近所じゃないし、費用も事もあるし、2週間で1〜2度って感じでどうですか?と言われました。
隔週で行く事をベースに予定が無い時やプールの方で予約が取れればその間も行こうかなと思っています。
術後ずっと飲み続けていた鎮痛剤も一先ず終了しました。
「もし薬が切れて足を痛がるようになったら連絡下さい」との事。
そんな事にならなければいいなと思いつつ今朝からご飯には薬を入れていません。
明日は1ヶ月ぶりのシャンプーの予定です。
やっぱり雨みたいですよぉ〜顔(汗)雨男ハチ健在ですexclamation


ニックネーム みけねこ at 12:30| Comment(10) | TrackBack(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

病院抜糸しました

昨日、退院してから1週間。手術してから2週間で抜糸となりました。
抜糸の後、再度レントゲンを撮り、その後先生の触診&歩行観察がありました。
傷は何も問題なくキレイにくっついているので抜糸出来ました。
カサブタも出来てきていて「治ってる」って感じです。

レントゲンの結果も手(チョキ)
手術した左足、キレイに膝にはまっていました。
手術していない右と比べると膝の位置も高く、骨が真っ直ぐなのがわかりました。

歩行の方は、先生が「怖いくらい」とおっしゃるほど順調だそうです。
前にはじめて先生に診てもらい話した時に「柴ちゃんは痛さに弱いから」と話した事をこのブログにも書いていましたが、
先生が手術をした犬たちの中でもかなり順調に歩くようになっているようです。
反対にあまりに順調なので調子に乗らず、ゆっくり、ゆっくりと確実にリハビリして行きましょうと言われました。

今回の診察での進歩
・1日5分の散歩右朝・晩10分ずつの散歩になった
・来週からプールリハビリ開始 早速来週の土曜日の予約入れました。

再診はGWが間に入っちゃうので、ちょっと長めの3週後の5/8です。

順調に回復しているはっつんはご機嫌かな?
P1100608.JPG

抜糸をしてエリカラが外せたのですが、やっぱり傷口が気になるようで。
で、母即席苦肉の作。
P1100613.JPG

自分の使い古しパンストを履かせる事に顔(笑)
簡単にハサミでチョキチョキ手(チョキ)
ちゃんと尻尾を出せるようになってします。
P1100614.JPG

でもハチはすごく嫌みたいです。
が、傷口がパックリなんてなったら大変。
我慢するんじゃよ猫(足)

そしてコレ、さっき昼休みにカメラでみた映像。
けっこうまんざらじゃなくなってきている?
418.jpeg


ニックネーム みけねこ at 13:03| Comment(9) | TrackBack(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

病院退院しました

本日、退院しました。
ちょうど手術してから一週間。
当初の予定の金曜日or月曜日と言われた退院より早めに帰ってこれました。
でもまずは来週の木曜日(4/17)の抜糸まではエリザベスカラーは外せません。
つけている時でも盛んに傷口を舐めようとしていますから。
外したら大変な事になりそうだし。
そしてそれまでは部屋の中での運動もかなり制限されます。
本当はおトイレ以外はずっとケイジの中がいいようです。
でもたまには出してあげてリハビリもしたいし。
ハチを撫でたり、抱っこしたりした後はそっと寝かせて手術した足を
伸ばしたり、曲げたりを繰り返し、関節が固まってしまわないようにしないといけません。
帰ってきてからも1度につき20回曲げ伸ばしを3度しました。
時々ビックリするぐらいの声でキャンキャンと鳴くので痛いんだろうとは
思うのですが、関節の運動をしている間はジッとしています。
ちゃんと最後まで伸ばして、最後まで曲げるの繰り返しですが、
ちゃんと伸びたり曲げたり出来ています。
このまま順調に治ってくれたらなと思っています。

外で物音がしたら、部屋から吠えていました。
結構しっかりとした吠え方。
まだ番犬はしなくていいよ。まずは自分の足を治そうね。
P1100553.JPG

本当はこうして部屋の中を自由にさせてあげたいのですが、
今は狭い場所で運動を制限しながら関節のリハビリはするというのが
先生の意向なので、その通りにしなくっちゃ。
それでもハチは家に帰ってからはちょっと我侭と甘えが出ているようで、
ケイジで大人しくしているのが嫌なようで、すぐに鳴き始める。
ワンワンというよりもク〜ン、ク〜ン、ク〜ンと鼻を鳴らすような感じ。
明らかに甘えているようなのですが、ついつい足が痛いのかと様子を見に行ったり、
ケイジを開けてしまったり。
鳴けば開けてくれるって思わせちゃいけないんですけどね。
どうしても気になっちゃって。
さっきまでケイジの中でクルクル回るのでカラーをバンバンとケイジに当てながら
ク〜ンっと鳴いていました。心を鬼にして知らん顔していたら今は大人しくなりました。
部屋の電気も消したので寝てくれるといいんですけどね。
P1100555.JPG

まずは無事に帰ってきた報告でした。
皆さんいつも励ましのお言葉などなど、ありがとーございます。
これからが本番!頑張ってリハビリ開始です犬(足)

ニックネーム みけねこ at 21:49| Comment(6) | TrackBack(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

病院二度目の面会

今日も面会に行ってきました。
月曜日に遅かったみたいなので更に30分早くあがらせてもらいました。
「皆さんお世話かけます」とは言ってみたけど、
このブログを知っている人ごく一部だったりしますあせあせ(飛び散る汗)
今日は4時に到着、受付で来た事を伝える。
待合室で待っていると、なんと今日はハチの方から待合室に来てくれた。
「30分くらいココで面会していて下さい」と言われてハチとご対面。
ハチ、完全ではないけど少しだけ手術した足も使って歩いていました。
ほんとつま先だけ?と言う感じでしたが。
月曜日見たときは完全に足をあげてしまってついていない状態だったので少し心配だったのですが火曜・水曜で凄い進歩。

でも左足はまだまだ痛々しいです顔(泣)
P1100543.JPG

まだ担当の先生としてはもう少し足をついてくれると良いんだけどと
言う事なのですが、病院に居ても、家に居ても
過ごし方には変りは無いだろうからと、
明日退院予定です!手(チョキ)

夕方4時半頃迎えに行って、先生から今後の事などの説明があり、
その後退院になる予定です。
足はまだまだですが、元気で食欲もあるので家に帰っても大丈夫との事です。

はっつん、明日迎えに来るからね〜
P1100539.JPG

当分はこのエリザベスカラーとお付き合いは続くようです。
傷口をしきりに気にしているので、カラーを取ったら絶対舐めたり、
噛んだりしちゃいますもんね。
抜糸まであと1週間位かな?辛抱です。
ニックネーム みけねこ at 21:41| Comment(11) | TrackBack(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

ちゃんとご飯食べているそうです

昨夜から結構まとまった雨が降っています。
ハチが居たなら「雨降っているから散歩行けないね」なんて話すんでしょうけど。
で、小降りになったら急いでレインコート着て散歩行くんですよね。
今日は1日何していたのかな〜?そろそろ歩く練習とかするのかな?
明日は二度目の面会日です。
昨日より少し早めに到着するつもりで仕事も更に30分早退させてもらう事になっています。
今回のハチの手術では会社の皆も心配してくれて協力してくれていて感謝です。

ハチ自身、足以外は健康なので慣れない入院生活なのですが、ちゃんと食欲はあるようです。
これでご飯も食べてくれないと不安で、心配でしょうがなくなりますが。
ちゃんと私が持ち込んだいつものフードを食べてくれているそうです。

ハチのイラスト入りのバックにアレルギーのあるハチ用のナマズフードを。
朝と夜に分けてジップロックに入れて用意しました。
朝と夜のフードは同じなのですが、夜用にはアレルギーを抑えるサプリと関節のサポートの為のサプリが入っています。
「朝」「夜」シールは会社の方が作ってくれました。
P1100388.JPG

念のために10日分持っていってあるのですが、
全部食べきらないうちに退院出来るといいな猫(笑)
ニックネーム みけねこ at 22:09| Comment(8) | TrackBack(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

病院面会に行ってきました

今日は手術後はじめてのハチとの面会の日でした。
15時から17までが面会の時間と言う事で仕事を16時であがらせてもらって、行って来ました。
まだ足がつけないハチは待合室に来ることが出来ずに私の方がハチの入院している部屋へ行く事に。
待合室、診察室、手術室などは1階でしたが、入院室は2階でした。
部屋に入ると外科の手術を受けた仔が何頭か入院していました。
ハチは一番下のケージに入っていました。
思っていたよりは広いスペースのケージの中。
私が行くと嬉しそうに立ち上がって迎えてくれました。
でも、、足は3本足。手術した足は下につけてくれませんでした。
まだ手術して3日ですもんね。そりゃ痛くて足、つけたくないですよね。
でも3本足で立つハチを見ると、このままだったらと不安になったり。
あ、でも駄目です!私が不安になっては。
はぁ〜ポジティブに行きましょう〜すぐネガティブになるのが私の悪い癖です。
私が元気じゃなくちゃハチがどうしたらいいか迷っちゃいますよね。
でも今日あったハチは元気に回復していて良かったです。
まだ点滴などを打って、ケージで横たわっているんだろうと思っていたので。
エリザベスカラーと足の傷を見なければ普通です。
食欲もあり、ご飯もちゃんと食べているそうです。良かった。
思っていたよりも落ち着いているし、ケージでも静かにしているので傷口も腫れたりせず綺麗に治ってきています。
抜糸には2週間くらいかかるそうです。

周りを気にしながら一枚だけ写真撮りました。
P1100538.JPG

早ければ木曜日にも退院出来るかもしれませんが、
ここは慎重にせっかちにならず先生の判断にお任せしようと思います。
次は明後日、水曜日にまた夕方面会出来ます。
それまで、また引き続きいい仔で待っていてね犬(足)

ニックネーム みけねこ at 22:05| Comment(5) | TrackBack(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

病院手術無事に終わりました

皆さん、昨夜無事にハチの手術が終わりました。
手術の開始予定が17:30からだったのですが、朝からの手術が
段々とずれ込んで、ハチの前の仔の手術がいつ終わるか未定だったので
ハチを一旦待合室に居る私たちのところへ連れてきてくれました。
入院させた後、手術が終わるまで会えないと思っていたので対面は嬉しかったな。

手術の準備の為、エリザベスカラーをもうつけていました。
足には点滴用の管もつけてあり、本当に手術するんだなって。
P1100512.JPG

エリザベスカラーが嫌なようで何度もプルプルと首を振っていました。
P1100515.JPG

結局2時間待合室で一緒に居ました。
これから手術が待っているのにハチはいつも通り笑顔で、
何にでも好奇心旺盛で、周りの方たちに近寄って行ってはナデナデしてもらったり。
P1100509.JPG

前の手術が終わり、いよいよハチの番です。
19:30、手術の準備(毛を剃ったり、消毒したり、そして麻酔)の為、
連れて行かれてしまいました。
20時過ぎ、これから手術を行いますという挨拶の後、麻酔をかけられたハチは手術室に入っていきました。
先生のお話では1時間位の手術と聞いていたのですが、実際終わったのは22:30頃。
2時間半もかかってしまいました。
いざ手術を始めたらレントゲンに写らない“離断性骨軟骨症”通称:関節ねずみという軟骨が膝の周りに出来ていて、それを除去してくれていたので時間がかかったようです。
脱臼を繰り返しているうちに関節が破損、そこから関節液が出て、それを餌にして勝手に軟骨を作ってしまうというものだそうです。
まず軟骨なのでレントゲンには写らないそうで、手術ではじめて判ったそうです。
あ〜いつかはといいつつ手術を延期しないで良かったと思いました。
関節炎も起こしていたようですし、本当は痛かったんだと思います。
このまま無理をさせなくって良かった。
先生から「もうすぐ麻酔から覚めますから顔見て帰ってあげてください」と言われていたので待っていると、
手術室から泣き叫ぶ声ががく〜(落胆した顔)
ハチが麻酔からさえて痛さと事の成り行きがわからなかったのかパニックになってしまったそうです。
急いで痛み止めの点滴を打ってもらって落ち着いたところで会わせてもらいました。
意識がもうろうとしているようで目は半開き、舌をだして、ぐったりして先生に抱かれていました。
それでも私が「ハチ」というと体を動かし私のほうへ来ようとするんです。
意識が遠のいているのに私の声を覚えていてくれているんですよね。
でもあまり暴れてしまうとハチ自身が可哀想ですから、それからはそっと頭を撫でてあげて、声は出さないようにしました。
痛かったのか目から涙が出ていました。そっと拭ってあげました。
「頑張ったね、ハチ」それしか浮かびませんでした。
次は月曜日の夕方に面会出来るそうです。
それまではずっと痛み止めの点滴を続けるそうです。
昨夜の姿を見ていると本当に一週間で帰れるのか不安ですが、24時間体勢で居てくれる病院が一番安心なんですよね。

皆さんにはご心配おかけしていますが、無事に手術が終わりました。
ありがとうございました。
一日も早く回復出来るように、これからハチと一緒に頑張ります。


ニックネーム みけねこ at 09:51| Comment(6) | TrackBack(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

病院入院しました

本日夕方、日大藤沢の動物病院へ入院しました。
今日も入院前にレントゲンと担当の先生による触診があり、
その後お話があり入院となりました。

待合室でのハチ。
これから入院だよ。入院中は一人の時間が多いと思うけど、
絶対迎えにくるからいい仔にしててね。
P1100493.JPG

今夜から手術の前という事で絶食になるそうです。
その前に、ほらおやつ食べちゃえ。
P1100500.JPG

実は今さっき大学病院から電話が入りました。
どうしたのかと思ったら、術前の血液検査・心臓のエコー・肝機能の検査が無事に終わり、正式に明日手術となりますとの報告でした。
明日は病院に行っても何も出来る訳ではないので行かないつもりでした。
けど今日先生にも出来るだけ近くにいて欲しいとの事。
いざ手術を始めたら今回の手術よりも優先してやらないといけないものを見つけたり、
レントゲンではわからなかった症状が実際手術をはじめてから判って、大幅な手術内容の変化がある場合など、近くですぐに説明が出来るのが一番いいとの事だったので行くことにしました。
手術は夕方5時半から大体2時間〜2時間半の予定だそうです。
明日はオペ日なので、朝から何頭か手術が入るそうなのでハチの手術は
もう少し遅くにずれるかもしれません。
とにかく仕事を定時であがり待合室にて手術が終わるまで待機する事になりそうです。
手術が終わってすぐに先生からのお話も聞けるそうなので家で終わった電話を待つよりもいいかもしれません。

術後にも早くこのはっつんスマイルが見れるようになるといいなるんるん
P1100494.JPG

今頃ちゃんといい仔に寝ているだろうか、、、顔(汗)

ニックネーム みけねこ at 22:29| Comment(7) | TrackBack(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

病院再診&プール

報告が遅くなりましたが先週の月曜日に日大藤沢の動物病院へ再診に行ってきました。
今回はもう一度後ろ足の写真を撮り、触診、その後手術の最終確認でした。
レントゲン、やはり今回も膝が外れて写っていました。
話を聞いていて先生が一番心配されているのは、「柴」と言う事。
前にも書きましたが柴さん、ちょっと痛さに弱い犬種だそうです。
“こんなに痛いなら足なんて動かさない”とリハビリを投げ出しちゃった仔居るそうです。
確かに人間でもリハビリは大変ですもんね。
まして犬は「何故こんなに自分は痛い思いをしないといけないんだ」と理解不能のままリハビリをさせられるかもしれません。
私はなるべく、頭で思った事、心で思った事は声に出しハチには伝えるようにしています。
返事が帰ってこないだけで犬たちは理解してくれている思っています。
なので今回もハチにいつも声をかけて励まして続けて、ハチが挫けない様に話しかけ続けようと思ってます。

そして私が先生へ問いかけた質問。
・散歩はいつから出来ますか?
・リハビリのプールへは何時から行けますか?
・お出かけとかはいいですか?
・部屋のかなで自由にさせていてもいいですか?
色々と思いついたときにメモしていた項目を質問しました。
でも結局答えはひとつ「何をするにも、まずは私に診せていただき、
私がOKを出してから行動して下さい」と言われました。
自己判断で「痛がっていないし〜」と散歩に連れ出すのもXなのです。
とにかく術後は定期的(はじめは週一位)に診察を受けて、先生の判断で
色んな事をはじめて行く事になります。
先生曰く「散歩よりも先にプールに行ってもらう事になるかもしれないですね」との事。
やっぱりプールってリハビリに良いんですね。

そのプールにも先週の土曜日行ってきました。
手術前の最後のプールでした。
今回で4回目。すごく泳ぐのが上手になりました。
自分でちゃんと方向転換したりして犬(足)
最後にはライフジャケットを取って、浮き輪などなしで泳ぎました。
上手でしたよ〜本当に水が怖くなくなったら今度から川とか海に行ったら自分から泳いじゃうんじゃないの?と思うくらい上手でした。
何でもちゃんと受け入れて頑張ってくれるハチ。
きっと今回の手術もリハビリも一緒に乗り越えてくれると信じています猫(足)
皆さんも応援宜しくお願いします。

先日はじめて行ったカフェにて。
私があげたライスがくっついちゃってます。
P1100285.JPG

思いっきりスマイルですが、まだ米ついてますよ〜猫(笑)
P1100286.JPG

こんなオトボケハチくんで本当に大丈夫?大丈夫だよね〜晴れ
ニックネーム みけねこ at 12:53| Comment(8) | TrackBack(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする