2007年12月17日

マリと子犬の物語を観て来ました

絶対泣くとわかっていたので観るのを躊躇していました。
が、母がどうしても観たい(テレビで放送するのかと思っていたらしい)とお願いされてしまったので行く事に。
事前に色んな方からハンカチでは足りないと聞いていたのでタオルとポケッティーを3個持参。
映画ははじめキレイな山古志の風景からはじまります。
ここですでにこれから先の物語がわかるので涙が出始めて、最後まで終始号泣。
タオルで口をふさいでいないと大声あげて泣きそうで堪えるのに必死でした。
それでもたまに嗚咽しながら泣いてしまったので母が心配していました。
その母も持参したポケッティーが底をつき、私から分けてもらう程号泣。
悲しく、辛い場面もあり観たくないと思う時期もありましたが、最後は素敵な出来事があるとわかっていたので頑張って観続けました。
自然の前では人間や動物は無力です。
でも人間愛・家族愛・親子愛・兄弟愛、そして、そして飼い主と犬の深い愛を感じられました。
マリは過酷な状況の中、子犬たちを守り抜きました。
人間の中では自分の子供を虐待し、殺してしまう親もいる。
そういう人たちにこの映画を観てもらい、改めて命を考えて欲しいと思いました。
皆さんにも是非時間を捻出してもらって観て欲しい映画だと思います。

公式ホームページ→http://mari-movie.jp/index.html

パンプレットです。
マリ役のイチちゃん、めちゃくちゃ名女優です。
P1090502.JPG

グッズも何種類か購入。
P1090503.JPG

マリの首輪とシルエットとお気に入りのピンクのボールの付いた
携帯ストラップ&キャラクターのストラップ
P1090504.JPG

私が映画を観ている間、近くのISTでハチを預かっていただきました。
迎えに行って少しランで遊びました。
ドーベルマンの男の子が居て仲良く遊んでもらいました。
P1090501.JPG

ハチと私も、これからたくさん絆を深めて行きたいね。

ランキングに参加してみましたぁ〜

ポチっとしてもらえると嬉しいです♪
下

banner_02.gif  にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ


ニックネーム みけねこ at 20:13| Comment(3) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

ガッカリだよ(怒)

さっき、うちの通称:兄(“にい”と言っていますが、うちのだんなさんです)が
送別会から帰ってきました。
私とハチもその少し前に帰ってきました。
本当は兄を迎えに行ったんだよね>ハチとさっ
「9時に迎えに来てくれ」って送る時に言われていたので
それなら、、、帰りにハチと一緒にお茶して帰ろうと思って、
ハチに洋服着せて一緒に車に乗って、駅前の待つこと約1時間。
今連絡が来てもお店はオーダーストップの時間だし、あ〜あバッド(下向き矢印)
結局やっと電話かかってきたと思ったら迎えに来てと言ったのに
会社の人と帰るタクシーの中からでした。
あったま来たむかっ(怒り)パンチちっ(怒った顔)けどすでにハチと寄るお店も
無い時間だったのでまっすぐ帰ってきたら、何処で寄り道をしていたのか
兄のほうが帰りが遅かった。

折角、こんなにカッコいいお洋服着てお茶するつもりだったのにね。
洋服脱ぐ前にカメラだけ撮ったよ。
P1090331.JPG

「ねえ、ねえ、どこか行くんじゃないの?」って顔してます。
そうだよね〜何かおやつがもらえるかも?って期待してたよね。
ドライブもしたかったもんね〜ごめんね。
P1090332.JPG

さっきまで、とっくに寝る時間を過ぎていたのにボールで
遊んでいました。ストレス発散?
P1090333.JPG

帰ってきてから、兄はハチに「ごめんなぁ〜顔(泣)」と
謝りに行ってました。許しかどうか、、、明日ハチに聞いてみます。

待ちぼうけだった可哀想なハチに

ポチっとしてもらえると嬉しいです♪
下

banner_02.gif  にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ


ニックネーム みけねこ at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする